大崎駅

大崎駅は、JR山手線、埼京線、湘南新宿ラインと東京臨海高速鉄道りんかい線の停車駅です。埼京線は大崎駅より、りんかい線となり天王洲アイルや国際展示場方面へと走る。りんかい線の開業に伴い駅舎も新しくなり、構内ではおにぎり屋さんやスープショップなどの飲食店も充実してきています。

大崎駅の東口側は1990年代より再開発を始め、大崎ニューシティやゲートシティ大崎などの複合施設が相次いで営業を始め、東京副都心として活躍するようになり、 オフィスも多く、高層ビルが立ち並び多くの会社員で賑わっています。

しかし目黒川を越えると景色はガラリと顔を変え、住宅街が広がている。西口方面は東口側の喧騒とはかけ離れ、庶民的な商店と住宅街の街である。従来からあるニュー大崎ビルを中心に落ち着いた住宅街が、駅前からの五反田、戸越方面へ広がる。歴史を感じさせるお寺や神社、美術館や図書館という文化施設や体育館などのスポーツ施設も充実してます。