JR山手線 駅情報の記事一覧

浜松町駅には、JR山手線、京浜東北線、東京モノレールが停車し、羽田空港を利用する乗客には重要な拠点となっています。

駅に隣接して世界貿易センタービルがあり、駅の東側には芝離宮庭園がある。

都営大江戸線の大門駅(浜松町駅)に連絡しており、大門駅(浜松町駅)を経由して都営浅草線の大門駅にも連絡している。その事から、都営浅草線と、東京モノレールで羽田空港利用客の争奪戦が繰り広げられている。

そんな空の旅の出発駅浜松町駅は、駅東口の近くまで汐留の開発エリアが迫り、羽田空港に行く旅行者・ビジネスマンが行き交うので、街に活気が溢れている。

増上寺を周辺には芝公園の緑が拡がるゆとりのある空間のエリアと、第一京浜道路…
もともとはこの付、近辺り一体が一面田圃であったことからこの地域が「田町」と名付けられた。
江戸の末期に西郷隆盛と勝海舟が田町で会談を行い東京が燃えずにすんだという話は有名。その事もあり当時各国大使館はこの周辺に集まってきた。

現在では、オフィスが多いのはもちろんだが、慶応義塾大学や芝浦工業大学など学校も多く、駅周辺の商店街も学生で賑わう飲食店が多く立ち並ぶ。銀座や六本木東京タワーに近く、交通アクセスも便利です。

品川駅はJR山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線と東海道新幹線や京浜急行本線の停車駅であり、羽田空港から京急線経由で新幹線を利用できる駅なので、1日中非常に混雑する駅で利用者は1日平均役296,000人。

また、名前は品川駅だが所在地は港区で、古くからの宿場町。品川より北に位置している。駅周辺には大きなシティホテルが多く、エリア辺りの客室数は日本一を誇る。東海道最初の宿場「品川宿」が在った地域であることに由来している。

 品川駅構内 駅周辺には京急系列の「ウィング高輪EAST」が併設されている他、同じ京急系列が運営するラーメンテーマパークの「麺達七人衆 品達ラーメン」が京急品川駅高架下にオープン。い…
大崎駅は、JR山手線、埼京線、湘南新宿ラインと東京臨海高速鉄道りんかい線の停車駅です。埼京線は大崎駅より、りんかい線となり天王洲アイルや国際展示場方面へと走る。りんかい線の開業に伴い駅舎も新しくなり、構内ではおにぎり屋さんやスープショップなどの飲食店も充実してきています。

大崎駅の東口側は1990年代より再開発を始め、大崎ニューシティやゲートシティ大崎などの複合施設が相次いで営業を始め、東京副都心として活躍するようになり、 オフィスも多く、高層ビルが立ち並び多くの会社員で賑わっています。

しかし目黒川を越えると景色はガラリと顔を変え、住宅街が広がている。西口方面は東口側の喧騒とはかけ離れ、庶民的な商…
五反田(ごたんだ)は東京都品川区の北部にある、JR山手線・東急池上線・都営地下鉄浅草線の五反田駅を中心とした地域名です。東京城南区域の中核地としてビジネス街、繁華街として栄えています。あまり知られていないですが、高級邸宅街としても歴史があります。
目黒駅はJR山手線、東急目黒線、東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線がある。  目黒駅は従来のJRと東急目黒線に加えて、東京メトロ南北線の乗り入れにより駅前の再開発が急ピッチで進んでいます。

駅の上にヒルトップガーデンとアトレが建っていて、飲食店やショッピング施設が充実し、オフィスも急増中です。

 目黒駅周辺  駅前の開発により近代的な建物が建ち並ぶ一方、歴史的寺院や庭園、美術館、目黒会館など文化施設も揃っていて、駅から少し離れた地域には庶民的な商店街も栄えてます。

また、江戸の守護のために安置したという江戸五色不動の中で、最も有名な「目黒不動尊」は目黒の最も古い建築物であり、21世紀現在においても信仰の場と…